「観光情報館 ふれあい処つしま」は(一社)対馬観光物産協会が運営する対馬の観光物産情報施設です

観光情報館 ふれあい処つしま

観光情報館 ふれあい処つしま 〒817-0021 長崎県対馬市厳原町今屋敷672番地1
TEL 0920-52-1566 / FAX 0920-52-1585  営業時間 8:45-17:30 休業日12/29〜1/3
お問合せフォーム(一般社団法人 対馬観光物産協会)

メニュー


【お問い合わせ】
観光情報館 ふれあい処つしま
一般社団法人 対馬観光物産協会
TEL 0920-52-1566
FAX 0920-52-1585
>>お問合せフォーム

【住所】
〒817-0021
長崎県対馬市厳原町
今屋敷672番地1
>>周辺地図(Googleマップ)

【営業時間】
 観光案内所 8:45〜17:30
 観光の間 9:00〜17:00
 特産品の間 9:00〜18:00
 ふれあい食堂 憩い 11:00〜14:00

【定休日】
 年末年始(12/29〜1/3)

【カウンター】
2016/5/2より
累計
本日
昨日

特産品の間

 水産加工品、野菜、グッズなど、対馬の特産品を販売しています。

【営業時間】 9:00〜18:00
【定 休 日】 年末年始(12/29〜1/3)

 特産品の間の全体です。2階吹き抜けの解放的な空間です。

 魚介類の特徴を的確にとらえた大漁旗は、一般社団法人 MITの松野デザイナー作。

 生産量日本一のアナゴをはじめ、対馬近海で獲れた魚介類の加工品を販売しています。寒流と暖流がぶつかる対馬近海は、日本有数の漁場として有名です。

 アオサ、カジメ、ヒジキなどの海藻類は旬の味覚。また、対馬の伝統的な「たたきいか」(焼いたイカを金槌で叩き、やわらかくほぐしたもの)も懐かしい味です。

 対馬唯一の酒蔵「河内酒造」(かわちしゅぞう)の清酒・白嶽(しらたけ)や焼酎やまねこなども取り扱っています。

 島民に古くから親しまれた醤油(しょうゆ)といえば、対馬醤油江口(株)。新商品の調味料なども。

 豚肉を甘辛いタレに漬け込んだ「とんちゃん」、郷土鍋の「いりやき」、サツマイモが原料の黒い麺「孝行麺」など、魚介類以外でもおいしいものがたくさん。

 山ばかりで全然米どころではないにもかかわらず、あちこちで「おいしい!」と高い評価をいただく、環境配慮型の対馬のお米です。

 手間隙かけて丁寧に作られる原木しいたけ。厳しい季節を乗り越え、身のしまった肉厚のしいたけは、「森のアワビ」と称されます。

 実は以外と売れ筋で、すぐに売り切れてしまうのが、農協から仕入れている地元の野菜たち。

 伝統的な和菓子「かすまき」や、藻塩・はちみつなどの対馬の素材を使った菓子類です。

 対馬産のブルーベリー、ビワ、ソバ、赤米(!)を原料とするオリジナルアイスも。

 Tシャツ、手ぬぐい、脱臭炭、はちみつリップなどのグッズもあります。

 対馬桧(ひのき)グッズ、若田石(わかたいし)の硯、対馬砥石(といし)など、工芸品も個性があって面白いのです。

Twitter & Facebook


Copyright (C) (一社)対馬観光物産協会 All Rights Reserved.