対馬観光のお問い合わせ、観光パンフレットの請求は当協会まで

(一社)対馬観光物産協会WEBサイト 国境の島 対馬へ

(一社)対馬観光物産協会 〒817-0021 長崎県対馬市厳原町今屋敷672番地1 観光情報館ふれあい処つしま
TEL 0920-52-1566 / FAX 0920-52-1585  営業時間 8:45-17:30 休業日12/29〜1/3
お問い合わせ | サイトマップ
ホーム > 観光施設 > グルメ情報 - 郷土料理紹介

観光施設

グルメ・郷土料理

石焼料理

 対馬近海は、魚影の濃い暖流と、プランクトンの多い寒流がぶつかる好漁場で、豊かな海の幸に恵まれています。石焼料理は、石英斑岩という特殊な岩を熱し、新鮮な魚介類をその上で焼いて食べる郷土料理で、もともとは、美津島町根緒(ねお)の漁師が浜辺で暖を取りながら食べた豪快な漁師料理が原形と言われています。熱された石が発する遠赤外線が食材を内部からふっくらと焼き上げ、季節の旬の魚介類や野菜などの素材の味を100%楽しむことができます。
 ※事前に石を熱する必要があるため、事前に予約が必要です。

いりやき

 「いりやき」は対馬に古くから伝わる郷土料理で、地鶏またはメジナ・ブリなどの魚、たっぷりの野菜を具材とする寄せ鍋の一種。もともと材料の鶏肉(魚)を椿油で炒ってから料理していたため、「いりやき」と名付けられたとの説があります。味付けは地域や家庭で異なりますが、冠婚葬祭や各種行事などの際によく振る舞われ、島民に親しまれてきました。
 海の幸・山の幸のすべての旨味を含んだスープに、最後にソーメンかそばを入れて食べるのが地元流で、「いりやきは後食え」ということわざにもなっています。

ろくべえ

 ろくべえは、サツマイモの澱粉でつくった対馬独自の麺料理です。サツマイモは江戸時代に薩摩藩から導入され、岩がちで平地が少ない対馬の痩せ地にも適応できる優れた植物でしたが、傷みやすく、保存の難しさが問題となっていました。やがて、サツマイモを水に漬けて発酵させるなど、複雑な工程を経て澱粉(「セン」と呼ばれる)を取り出す方法が考案され、長期保存が可能になりました。食べる際には、乾燥して団子状になったセンをぬるま湯で戻し、沸騰した鍋の上で、穴の空いた鉄板から押し出して麺状にします。プルプルした食感が楽しめる、対馬の風土が生み出した素朴でヘルシーな郷土料理です。

対州そば

 日本のそばは、縄文時代後期に中国大陸から朝鮮半島を経由して伝わったとされていますが、荒地に強く水に弱いそばは、岩がちで平地の少ない対馬に適しており、「木庭作」(こばさく)と呼ばれる山の斜面を利用した粗放的な焼畑で栽培されていました。全国的にそばの品種改良が進んだ現在では、原種に近い対馬のそば(対州そば)は貴重であり、小粒で風味が強い独特の味わいは、愛好者の高い評価を受けています。

対馬とんちゃん

 対馬で「とんちゃん」と言えば、焼肉用の味付け豚肉のこと。戦後、対馬在住の韓国人から伝わりましたが、タレ付きのよいデンマーク産の豚の肩ロース肉を使い、タレも各精肉店で工夫を重ねた秘伝のタレを用いるなど、島民の口にあうように独自に改良を重ね、現在では上対馬を中心にソウルフードとして定着しています。
 平成22年には「対馬とんちゃん部隊」が結成され、同年に福岡で開催された「第2回九州ご当地グルメコンテスト」において初出場・初優勝の快挙を成し遂げました。

地酒

 河内酒造は大正8年創業、古くから島民に広く親しまれている対馬唯一の造り酒屋です。代表的な銘柄は、対馬の霊峰から名付けられた「白嶽(しらたけ)」で、平成16年度全国新酒鑑評会金賞、福岡国税局鑑評会吟醸酒部門3回連続金賞という名誉に輝いています。
 焼酎「やまねこ」は、麦焼酎8に対して米焼酎2をブレンドした珍しい麦米焼酎で、癖のないあっさりした味わいを楽しめます。「こっぽうもん」(対馬の方言で「頑固者」の意)、「伊藤」などの新ブランドも鋭意展開中。
 >>河内酒造合名会社

Twitter & Facebook


Copyright (C) (一社)対馬観光物産協会 All Rights Reserved.