体験

16件ありました

一般社団法人MIT

当店がみなさまにお届けする商品は、購入されたみなさまが「持続可能な社会」の実現に何かしらの貢献できる商品であることにこだわっています。生物や生態系の回復力を維持しながら、生物と人が共生し、次の世代に素晴らしい環境を残していける社会が「持続可能な社会」。そのような生物資源への配慮や持続可能性に目を向け、そのためのアクションをおこす人が増えることが、持続可能な社会の実現に向けて非常に大きな一歩であると信じています。
環境や生物に配慮した商品を買う消費者が増えるほど、豊かな社会が実現でき
るはずです。サステナブルショップMITは、ご購入者がそのような啓発活動や行動に少しでも貢献できるような商品をご提供していきます。
体験メニューでは、MITデザイナーのオリジナル消しゴムはんこを押して、世界に一つだけの作品を作る事ができます。

一般社団法人MIT

当店がみなさまにお届けする商品は、購入されたみなさまが「持続可能な社会」の実現に何かしらの貢献できる商品であることにこだわっています。生物や生態系の回復力を維持しながら、生物と人が共生し、次の世代に素晴らしい環境を残していける社会が「持続可能な社会」。そのような生物資源への配慮や持続可能性に目を向け、そのためのアクションをおこす人が増えることが、持続可能な社会の実現に向けて非常に大きな一歩であると信じています。環境や生物に配慮した商品を買う消費者が増えるほど、豊かな社会が実現できるはずです。サステナブルショップMITは、ご購入者がそのような啓発活動や行動に少しでも貢献できるような商品をご提供していきます。
体験メニューでは、MITデザイナーのオリジナル消しゴムはんこを押して、世界に一つだけの作品を作る事ができます。

御岳(みたけ)

対馬北部・上県町の御岳は、白嶽と並んで古くから知られた修験道の聖地で、雄岳と雌岳、平岳が連なって御岳と呼ばれています。北部において御岳(雄岳)は唯一479mの標高がありますが、これは南部の500m級の山岳同様、地下のマグマ活動の影響を受けているためで、山頂付近にはマグマ活動の名残りの玄武岩が露出しています。そして古くは対馬最高峰と信じられていました。またツシマヤマネコの生息地でもあり、かつては巨大なキツツキの仲間「キタタキ」が生息するなど、南部の山々とは異なる独自の生物分布をもち、天然記念物・特定動物生息地保護林などに指定されています。モミの巨木・小動物・菌類によると生と死、循環と再生のドラマが繰り広げられており、神秘的な原生林の姿を体感できるスポットです。

天神多久頭(たくずだま)魂神社

対馬の南部・厳原町豆酘と同様、天道信仰のもう一つの中心地でした。
佐護湊の天道山の麓にあり、貞観12年(870年)3月5日「日本三大実録」の授位に記載が見え、社の無い磐座(いわくら)の祭壇で有名です。
「延喜式」神名帳では、対馬上県郡の『天神多久頭多麻命神社』とあり、『天神(あまつかみ)』と冠称した例は全国の式内社中四座しかない貴重な神社です。
近隣には神御魂(かみむすび)神社、天諸羽(あめのもろは)神社(式内社)などが鎮座しています。

目保呂(めぼろ)ダム馬事公園

対馬固有の貴重な在来馬・対州馬(たいしゅうば)。
急峻な地形の対馬において、人の移動や荷物の運搬、農耕などに活躍してきた馬で、体高は約1.2m。
蹄鉄を必要としない頑丈な蹄、温順な性質、粗食に耐えることなどから、島の生活に欠かせない動物でしたが、自動車の普及と機械化時代の到来により数が激減しました。

現在は対州馬保存会が中心となり、保存活動を行っています。

対馬北部の「目保呂ダム馬事公園」では対州馬を飼育しており、曳馬・乗馬などの体験をする事が出来ます。

対馬野生生物保護センター

対馬野生生物保護センターは、対馬の希少野生生物保護の拠点となる環境省・長崎県・対馬市の施設です。ツシマヤマネコをはじめとする野生生物の生態やその現状についての解説、野生生物保護への理解を深めて頂くための普及啓発活動や希少野生生物の保護事業などを実施しています。
またマジックミラー越しにツシマヤマネコを観察することができ、対馬の野生生物保護の拠点ともなっています。現在、より親しみやすい施設としてリニューアルし、市民からは「ヤマネコセンター」と呼ばれています。

2019年11月2日から公開がはじまった4代目公開ツシマヤマネコの名前は、「かなた」に決まりました。 
・名前の由来
(1)対馬の古代山城である金田城こと「かなたのき」から命名。
(2)福岡という「彼方(かなた)」から対馬に来た個体であること。
   この個体に興味関心をもってお客さんが日本中から、海の彼方(かなた)から沢山来ますようにという願いを込めて。

  • 1
  • 2