宿泊

49件ありました

あそうベイパークキャンプ場

あそうベイパークは、全体面積56.1haをもつ自然公園で四季折々の自然の恵みを楽しむことができます。春には玄海ツツジ、桜などが咲き乱れ、夏にはハス園の水面いっぱいにハスの花が広がり、秋にはダンギク、コスモスなどが心を和ませてくれます。レジャー施設では、オートキャンプ場(年中)、カヌー(7・8月)、パットゴルフ、多目的広場、トリムコース、展望園地、草スキー、遊歩道などが整備され、大勢の利用客で賑わいます。まぶしい太陽と自然、美しい海のもとで一日をおもいっきり楽めるスポットです。

あそうベイパーク[オートキャンプ場]

あそうベイパークは、全体面積56.1haをもつ自然公園で四季折々の自然の恵みを楽しむことができます。春には玄海ツツジ、桜などが咲き乱れ、夏にはハス園の水面いっぱいにハスの花が広がり、秋にはダンギク、コスモスなどが心を和ませてくれます。レジャー施設では、オートキャンプ場(年中)、カヌー(7・8月)、パットゴルフ、多目的広場、トリムコース、展望園地、草スキー、遊歩道などが整備され、大勢の利用客で賑わいます。まぶしい太陽と自然、美しい海のもとで一日をおもいっきり楽めるスポットです。

万関橋

浅茅湾と三浦湾の間に開削された万関瀬戸と呼ばれる運河に架かる橋が万関橋です。この橋は平成8年に架け替えられ、3代目にあたります。明治後期、南下政策をとるロシアとの戦争の機運が高まり、日本海軍は水雷艇を対馬海峡東水道に出撃させるため、明治34年(1901年)、久須保水道(万関瀬戸)を開削しました。
この万関橋は、その開削された瀬戸に架かり、対馬の上下島を結んでいます。

姫神山砲台跡

日本本土と大陸の中間に位置する国境の島対馬は、国防そして大陸に向かう最前線基地として明治20年から昭和20年までに30箇所を超える多くの砲台が建設され、島の要塞化が進められました。姫神山砲台は、明治33年2月着工、翌年11月に竣工し、その後明治37年1月に6門の28センチ榴弾砲が備え付けられました。対馬の明治期を代表する砲台跡です。施設は、赤レンガと砂岩で造られており、今では周囲の自然と調和・融合し、レトロな雰囲気が美しい空間を醸し出しています。

  • 1
  • 2
  • 5