ジョン・ミューアと「山と溪谷」8月号(御岳・平岳)について

山と渓谷8月号

 こんにちは、YAMAPのひげ隊長の話を聞いて「自然保護の父」ジョン・ミューアに興味を持ち、「森の聖者」(ヤマケイ文庫)を読みおわったエヌです。

 著者は、日本のロングトレイルの第一人者・加藤則芳さん。

森の聖者(ヤマケイ文庫)
「森の聖者 自然保護の父 ジョンミューア」(ヤマケイ文庫)

「自然を守る心を育てるには、その自然がどれほどすばらしく、大切なものかということを知ることからはじめなければならない。この考え方はミューアの生涯にわたる信念となり、後の人類にとって大きな遺産になっていく」

 コロナでモヤモヤすることが多い日々ですが、気持ちよい風が吹き、心が解放されました。

>>森の聖者 自然保護の父ジョン・ミューア (ヤマケイ文庫)

>>話題のロング・トレイルを知りたいなら、聖地「ジョン・ミューア・トレイル」に行くべし!(ヤマケイオンライン 2017年07月18日)

>>大橋未歩のジョン・ミューア・トレイル(JMT)体験記 #01|準備編 ヨセミテ封鎖で計画変更…入山までの長い道のり(YAMAP MAGAZINE 2020.07.31)

 さて、山関係の情報を!

山と溪谷 2021年8月号

 明日、2021年7月14日発売の「山と溪谷」(8月号)に、対馬北部の名山

「御岳・平岳(みたけ・ひらたけ) ツシマヤマネコが棲む霊峰」

の原稿(2ページ)を掲載していただきました。

 「季節の山歩き」というシリーズで、今回のテーマは「神仏を感じる 霊山を訪ね行く」というもの。

 御岳・平岳は、モミなどの針葉樹とアカガシなどの広葉樹が混生する老齢原始林で、大正時代まで巨大なキツツキの仲間「キタタキ」が棲息していました。

 ツシマヤマネコの生息地でもあり、南部の山々とはまた異なる山歩きが楽しめます。

 ちなみに、これまで「山と渓谷」に掲載していただいた山々は以下の通り。

 ほぼ一段落し、感無量です。

【山と渓谷】掲載号ー山名
2016/11 姫神山
2017/09 白嶽
2017/12 龍良山
2018/03 城山
2019/03 清水山
2020/01 白嶽(100人で選ぶ100の名山)
2020/08 有明山
2021/08 御岳・平岳

 毎回、編集の小林千穂さんにはたいへんお手数(&ヒヤヒヤ)をおかけしました(^^)

 心より御礼申し上げます。

 これらの山が網羅されている「分県登山ガイド 41 長崎県の山」(2017/02発売)もよろしくお願いします。

あー、梅雨、開けた!!

>>元記事(エヌの世界)はこちら