新たに弊社コーポレートロゴとキャッチフレーズを制作しました

対馬観光物産協会としてのアイデンティティを明示するために、コーポレートロゴの制作とキャッチフレーズの決定を行いました。

ロゴデザインコンセプト

ツシマの「ツ」、つしまの「つ」をモチーフに、対馬の山並みと対馬の海(特に対馬を象徴する浅茅湾をイメージ)を表現しています。

キャッチフレーズ

本物が息づく島 対馬

日本という国が建国される前から、日本と大陸との架け橋を担い、日本誕生を支えてきた対馬。
そんな対馬には、天然記念物登録をされている原始林やツシマヤマネコ 、日本の漁業を支える対馬海流、そばの原種である対州そば、日本在来のニホンミツバチ、古来から国防を担ってきた金田城など、自然面でも歴史面でも、”本物”を感じる要素が数多く存在しています。

対馬観光物産協会は、対馬が「本物が息づく島」として愛されるように、観光や物産に関する事業を行っていきます。