3月にみれる花・ゲンカイツツジ

目次

こんにちは。のんちゃそです。

みなさんは「春」といえば、どんなもの・どんなことを想像しますか?

私は、「出会いと別れ」ですかね。もう学生ではないのですが、その名残が残ってます(汗)あとは、優しいく穏やかな気候だなと思います。過ごしやすい!

そんな春になると、あたたかくなってくるのでいろんな植物が顔をのぞかせてくれますよね^^

今日は、そんな春にみれる花「ゲンカイツツジ」をご紹介したいと思います。

ゲンカイツツジ(ツツジ科)

 ゲンカイツツジは「市の花」になっていて、はやいものは3月上旬から開花が始まり、中旬をピークに3月下旬まで続き、山のあちこちでピンク色の花を咲かせ対馬に春の訪れを知らせてくれる花です。対馬では、山地部だけでなく、海岸にまで生えていることができます。

こうしてみると、きれいだな~。

花や植物をみると穏やかな気持ちになるような気がします。

対馬でゲンカイツツジを見るなら、「浅茅ベイパーク」に行ってみるといいです^^ 対馬固有の貴重な在来馬「対州馬(たいしゅうば)」もいますよ!

(※この写真は浅茅ベイパークではないです)

浅茅ベイパーク地図:https://goo.gl/maps/Sptdu5LYvTrY7yDT7   

場所:対馬市美津島町大山   

アクセス:対馬空港より車で約10分、厳原港より車で約30分 、路線バスをご利用の方は「玉調(たまつき)」で下車ください。