本日の最高気温32度!外に出るとム~ンと蒸し暑い空気に包まれます( ;∀;)こんにちは、キジトラです。

暑くて食欲が…って時に当施設のつしにゃんキッチン&カフェで夏季限定で復活した「ざるそば」をいただきました。

対馬のそばは「対州そば」と言われ大切に守られてきました。(対州=対馬の古い呼び名)

「対州そば」は縄文時代後期に大陸から日本に最も早く伝わった原種に近い品種で、日本各地の蕎麦と比べると食味・風味に優れ、蕎麦本来の苦味を有するといわれています。

平地が少なく水田稲作に不利な対馬では古くからそばの栽培が行われてきました。離島という地理的な条件もあり、他の品種との交配の可能性が低く、原種に近い形で栽培が行われてきたということです。

対州そばの実は他の品種に比べ小さく、収穫量も少ない。そして、つなぎを一切使わない十割そばが主流なので量がなかなか確保できないので、島外に出回ることはほとんどありません。そば通の方もわざわざ対馬まで対州そば目当てで来られるくらいです。

お盆前後から種をまき、10月頃白い花が一面に咲き、11月に収穫が行われ、12月頃対馬では新そばが出回ります。

対州そばの花
一面に広がる純白の花にトンボも見惚れていました!
本来の味を楽しむ『ざるそば」
対馬地鶏と対馬しいたけのお出汁で「かけそば」

そば打ち体験が出来るお店もありますよ!つなぎなし!100%そば粉と格闘した後は対州そばをご賞味ください。

(コロナウイルスの影響で体験を休止している場合もあります。)※要予約、要問合せ。

・体験であい塾「匠」  TEL/0920-56-0118(厳原町)

・そば道場美津島店   TEL/0920-54-8311(美津島町)

・そば道場あがたの里  TEL/0920-84-2340(上県町)

対馬に来られた際は是非、ご賞味くださいね。