Home > 観光ガイド > 渡海船・クルーズ船 > 市営渡海船「うみさちひこ」

対馬市営渡海船「うみさちひこ」

対馬市営渡海船「うみさちひこ」
 対馬の道路が整備される前から、島民の海上の足として親しまれたのが浅茅湾の渡海船です。対馬市美津島町瀬原(みつしままち せばる)の長板浦(ながいたうら)と豊玉町仁位(とよたままちにい)を結ぶ定期便ですが、チャーターや、5人以上で乗り合いの利用もできます。
 渡海船は主に浅茅湾北部(乗場・仁位)から浅茅湾南部(乗場・長板浦)への生活の足(通院など)として利用されているため、平日2往復、土日祝日は1往復の運行です。

 >>観光モデルコース 浅茅湾クルーズ

 

市営渡海船「うみさちひこ」の紹介

外観・仕様

 「うみさちひこ」は平成25年に就航した新造船で、全長15.85m、総トン数19トン、最大速力は21ノットです。
 船舶の仕様情報はこちら(PDFデータ)

 

船内の様子

 渡海船「うみさちひこ」の船内の様子です。定員は48名で、バス1台程度の団体利用にも対応しています。

 

デッキの様子

 上部には開放的なデッキがあり、対馬の海と空、雄大な自然を体感できます。

 

渡海船乗場の紹介

渡海船乗場・長板浦(ながいたうら)

 市営渡海船の乗場は、美津島町樽ヶ浜(みつしままち・たるがはま)にありましたが、2015年5月17日の対馬病院の開院にあわせて、樽ヶ浜から美津島町瀬原(せばる)の長板浦(対馬病院の近く)に移転しました。
 >>渡海船乗場・長板浦 Googleマップ

 

渡海船乗場・仁位(にい)

 浅茅湾北岸の豊玉町仁位(とよたままちにい)にある渡海船乗場です。長板浦からここまでは約80分。平日であれば、渡海船でそのまま折り返して長板浦に戻るか、ここからタクシーなどで陸路の観光をすることになります。
 渡海船乗場・仁位から仁位バス停までは約2km、和多都美(わたつみ)神社までは約2.5kmです。和多都美神社から仁位バス停までは約3kmです。
 >>渡海船乗場・仁位 Googleマップ

 

コース図

>>浅茅湾クルーズ 渡海船うみさちひこ(Googleマップ)

 

定期便での移動イメージ

渡海船乗場・長板浦(ながいたうら)13:00出港
↓ 渡海船で80分
渡海船乗場・仁位(にい)14:20着
↓(下船も可能)
渡海船乗場・仁位14:40出港(折り返し)
↓ 渡海船で80分
渡海船乗場・長板浦15:40着
(路線バス15:40以降6便程度)

 

浅茅湾チャータークルーズ

 渡海船・遊覧船をチャーターすると、湾内の観光名所をめぐることができます(定期便は集落間を移動するため、必ずしも名所を通過するわけではありません)。チャーターは、90分、120分、150分などのコースがあります。

 

ご予約・お問合せ

長崎県対馬市豊玉町仁位380
対馬市中対馬振興部 地域振興課 TEL 0920-58-1111

 時刻表・運賃表は下記WEBサイトをご覧ください。
 >>市営渡海船「うみさちひこ」(対馬市WEB通信局)