Home > 特設ページ > 対馬の歴史 > 対馬市の文化財

対馬市の文化財について

 対馬は、魏志倭人伝に最初の倭国のクニとして描かれるなど、悠久の歴史を誇る島です。また、その地理的条件により、時には大陸との交流の窓口となり、また時には国防の最前線となる独自の歴史が刻まれてきました。さらに、戦火にさらされることが少なく、大陸系の動植物が生息するといったさまざまな条件が重なり、市内には数々の仏像・建築物・史跡・天然記念物などの文化財が残されています。

 >>対馬市オフィシャルホームページ-対馬市教育委員会文化財課「市内の文化財」
 >>長崎県教育委員会-長崎県の文化財

 

文化財図録について

 対馬市文化財課では、文化財図録「対馬市の文化財」を発刊しました。市内には指定文化財が多く、紙面の関係上全てを掲載することはできませんが、代表的な文化財の紹介、国・県・市指定文化財一覧、位置図などをわかりやすく解説しています。この図録を1冊500円で販売します。購入等に関するお問い合わせは対馬市文化財課までお願いします。

 対馬市教育委員会文化財課のページからダウンロードもできます。
 >>対馬市文化財課の図録ページへ

 

お問い合わせ

対馬市教育委員会文化財課
〒817-0322
長崎県対馬市美津島町鶏知甲1287番地1
TEL 0920-54-2341
FAX 0920-54-4046
k_bunkazai(a)city-tsushima.jp ※(a)を半角@に置き換えてください

 

 

TOPへ戻る