観光・自然・歴史

8件ありました

漁火(いさりび)公園

見渡す限り空と海が広がる高台のパノラマ公園です。
昼の爽快ビューはもちろん、夜にはまた違った楽しみが待っています。それは対馬名物の漁火です。
漆黒の海にきらめく漁火はロマンチック!
4~11月なら無料足湯「対馬海峡漁り火の湯」に浸かりながらうっとり楽しむことができます。
ここは“ひと休み”感覚で立ち寄ることができる人気の足湯でもあり、市民のふれあいスポットです。

※足湯は4月~11月の期間限定です。

あそうベイパーク[オートキャンプ場]

あそうベイパークは、全体面積56.1haをもつ自然公園で四季折々の自然の恵みを楽しむことができます。春には玄海ツツジ、桜などが咲き乱れ、夏にはハス園の水面いっぱいにハスの花が広がり、秋にはダンギク、コスモスなどが心を和ませてくれます。レジャー施設では、オートキャンプ場(年中)、カヌー(7・8月)、パットゴルフ、多目的広場、トリムコース、展望園地、草スキー、遊歩道などが整備され、大勢の利用客で賑わいます。まぶしい太陽と自然、美しい海のもとで一日をおもいっきり楽めるスポットです。

美女塚公園

厳原町豆酘(つつ)地区の「美女塚伝説」を伝える石碑が建てられています。
『昔、豆酘に鶴王という美しい娘が住んでいました。
賢く親孝行な彼女は、あるとき采女として都へ召喚されることになりました。
年老いた母を残していく悲しみに耐えられず、都へ上る日、この場所で自らの命を絶ちました。
「美しく生まれたために、二人は哀しみにあうのなら、これからは、この里に美女が生まれませんように・・・」
このような言葉を残して世を去りました。』
采女というのは、古代天皇の宮廷に、地方豪族の娘が出仕したものです。
制度として確立したのは大化改新の時ですが、それ以前から慣行としてあったようです。

神話の里自然公園

海神をまつる和多都美神社まで徒歩3分の位置にあり、烏帽子岳の中腹に広がる自然公園です。園内には常設テント、オートキャンプ場、管理棟、ふれあい交流の棟、日本庭園、コンビネーション遊具、SUP・シーカヤック体験施設などがあり、子供から大人まで楽しめる施設となっています。またインストラクターつきのSUP・シーカヤックでは、和多都美神社の海上参拝も楽しめます。

上見坂(かみざか)公園[上見坂堡塁]

厳原と美津島の町境にある標高358mの展望台です。
展望台からは、日本の代表的な溺れ谷、入り江と島々が作り出す浅茅湾のリアス式海岸が箱庭のように眼下に広がります。
遠く九州本土や韓国の山々が見えるのも国境の島ならではの眺望です。
家族連れで楽しめる行楽地で、夏の夜は暗い海に漁火がきらめき、ファンタジックな景観は見事です。
遊歩道を奥まで歩くと、明治後期に築かれた砲座跡が姿を現します。
口径15センチの火砲が4基据え付けられていましたが、実戦では一度も発射されることはありませんでした。

目保呂(めぼろ)ダム馬事公園

対馬固有の貴重な在来馬・対州馬(たいしゅうば)。
急峻な地形の対馬において、人の移動や荷物の運搬、農耕などに活躍してきた馬で、体高は約1.2m。
蹄鉄を必要としない頑丈な蹄、温順な性質、粗食に耐えることなどから、島の生活に欠かせない動物でしたが、自動車の普及と機械化時代の到来により数が激減しました。

現在は対州馬保存会が中心となり、保存活動を行っています。

対馬北部の「目保呂ダム馬事公園」では対州馬を飼育しており、曳馬・乗馬などの体験をする事が出来ます。