千俵蒔山(せんびょうまきやま)

標高287mの山。山を登っていくと大きな風車があり、写真映え間違いなし!
千俵蒔の名前の由来は、昔野焼きが行われて山全体が草に覆われており、麦やソバの種を千俵ほども蒔ける広大な山であるということから、この名前がついたと言われています。