対馬朝鮮通信使歴史観

江戸時代の朝鮮通信使は、日本の要請により朝鮮国が日本に派遣した外交使節団です。
使命は朝鮮国書と日本国書を交換することでした。
朝鮮国王と徳川将軍は、国書を交換して善隣友好の意思を相互に確認しました。
朝鮮通信使を介して構築された両国間の平和は、明治初頭まで260年余りにわたって続きました。