長崎県民限定 壱岐発着 「対馬再発見の旅フリープラン」対馬の魅力紹介

壱岐のお隣、朝鮮半島まで最短で49.5kmに位置する「国境の島」対馬。
長崎県民限定のお得な対馬旅プランの販売が始まりました!

特典として、おひとり様1泊あたり最大12,000円相当のクーポンつき!

このプランには、3種類のクーポンが特典としてついています。
それぞれ、使用できる加盟店が違うので使う前にチェックしてお得に滞在しましょう! 

1.「対馬藩札
  1泊5,000円分(プランご利用のお客様1人当たり)
  (最大3泊 15,000円分)
  対馬市内の加盟店でお食事やお買い物、その他のサービスにご利用いただけます。
  「対馬藩札」宿泊加盟店リスト ←対馬の加盟店をこちらでチェック
  「対馬藩札」加盟店リスト ←対馬の加盟店をこちらでチェック

2.「行っ得!クーポン
  1泊5,000円分(プランご利用のお客様1人当たり)
  (最大3泊 15,000円分)
  対馬市内の宿泊施設・飲食店・バス・タクシー・レンタカーなどの加盟店で使用できます。
  「行っ得!クーポン加盟店リスト> ←対馬の加盟店をこちらでチェック

3.「地域限定クーポン 
  1泊2,000円分(プランご利用のお客様1人当たり)
  (最大3泊 6,000円分)
  土産店・飲食店・交通サービス等の加盟店で使用できます。
  「地域限定クーポン加盟店リスト」> ←対馬の加盟店をこちらでチェック

↓↓特典のクーポンを使い対馬をお得に満喫するモデルコースをご紹介します!↓↓

●モデルコース① 対馬観光王道コース(2泊3日)

対馬の主要な観光地を巡る王道コースです。
対馬から韓国までは最短距離で49.5キロ。対馬北部では、特にその近さを実感することができます。
対馬中部ではリアス式海岸の内海である浅茅湾の景観を楽しむことができ、南部とは異なる自然や景観を楽しむことができます。縦長な対馬は南北縦断の所要時間が2時間以上と、時間に余裕が持てる2泊3日以上のご旅行におすすめです。

詳細はこちら

●モデルコース② 城下町と神話の里コース(1泊2日)

城下町厳原の散策や、一番人気の観光地「烏帽子岳展望台」、海の女神・豊玉姫を祭神とする「和多都美神社」などをめぐる対馬の歴史や神話に触れることができる定番観光コースです。

詳細はこちら

●モデルコース③ 白嶽登山コース(1泊2日)

古くから霊峰として崇敬され、九州百名山にも選定されている対馬のシンボル・白嶽(しらたけ)の登山をメインとした、アクティブなコースです。
518mの白嶽山頂は低山でありながらも高度感があり、対馬全体を見渡すことのできる360度の大パノラマです。リアス式海岸の浅茅湾を眼下に望む絶景は登山者を魅了してやみません。

詳細はこちら

                                    ※白嶽登山を他の山やシーカヤックへ変更できます。

対馬の概要は以下をチェック!

【対馬の位置・面積】

対馬(つしま)は、韓国までは直線距離で49.5キロに位置し、「国境の島」と呼ばれています。
南北82キロ・東西18キロ、面積は約708平方キロ(属島ふくむ)で、沖縄本島と北方四島を除けば、佐渡島・奄美大島に次ぐ大きさです。
平成16年に島内の旧6町が合併し、長崎県下の市町村では最大の面積をもつ「対馬市」になりました。

【自然】

東西を対馬海流が流れ、平地が少なく、島土の約89%が山地であり、各地に原生林が残されています。
島の中央にはリアス式海岸・浅茅(あそう)湾が広がり、海岸線の総延長は915キロに及びます。地質は大部分が堆積岩で、表土は薄く、ごつごつとした岩肌が海に沈みこむ荒々しい風景があちこちで見られます。

【動植物】

サル・クマ・キツネ・タヌキ・ウサギ・リスといった本土の普通種が1匹も生息せず、代わりにツシマヤマネコ、ツシマテン、アキマドボタルなどの大陸系生物が分布するなど、独特の生態系が築かれています。その特異な生態系により、白嶽などの山岳、鰐浦ヒトツバタゴ自生地などが国の天然記念物に指定されており、また島の多くの部分が壱岐対馬国定公園に指定されています。 植物も同様に、独特な生態系を築いています。対馬固有(世界で対馬だけ)の植物は、シマトウヒレンやツシマギボウシなど意外と少ないのですが、対馬にはその地理的条件により多くの大陸系植物が自生しています。また、日本本土と対馬には分布するが大陸には分布しない植物などがあり、生物分布の陸橋の島の様相を呈しています。

hakuunkisuge

【自然体験】

白嶽や龍良山での原始林トレッキング、浅茅湾や対馬海峡でのマリンレジャー (釣り・シーカヤック・SUP・スキューバーダイビング)など、対馬の雄大な自然を全身で感じられるアクティビティが人気を博しています。

白嶽

古くから霊峰として崇敬され、九州百名山にも選定されている対馬のシンボル・白嶽(しらたけ)。片道2kmながらもほぼ海抜0mから急傾斜でそそり立つ地形のため、抜群の展望を期待できます。また、貴重な原始林を持ち、大陸系植物と日本系植物の混成が見られる白嶽は、国の天然記念物に指定されています。

白嶽

白嶽登山の詳細←こちらをクリック

城山

 対馬の中央に広がる、リアス式海岸に囲まれた浅茅湾(あそうわん)。その湾に向かって、南から突き出した岩塊の山・城山(じょうやま)があります。今からおよそ1350年前、白村江の戦いに敗れた大和朝廷は、大陸からの侵攻に備えてこの城山に古代山城・金田城(かねだじょう・かなたのき)を築きました。 飛鳥時代・7世紀を中心に、外国から倭国(日本)を守るために近畿から西側に築かれた山城のことを古代山城(こだいさんじょう)といいます。その古代山城の中でも金田城は、特に見事な石塁が遺存している城と言われています。また、朝廷が編纂した歴史書『日本書紀』にその名が記されており、遺構としても歴史的に見ても、まさしく我が国において “スペシャル” な城なのです。その証に、国が文化財保護法で指定した史跡の最高ランク「 国指定特別史跡 」に指定されており、国宝と同格の価値を認められています。

金田城・南西部石塁

城山登山の詳細←こちらをクリック

シーカヤック

複雑な入り江と無数の無人島が織りなすリアス式海岸に囲まれた湾・浅茅湾。広大な内海なので、外海に比べて風や波の影響を受けにくく初心者でも安全に漕ぐことができます。カヤック愛好家からは、カヤック天国とも言われているそう。ベタ凪の時には、水面がまるで鏡のように美しく心を落ち着かせてくれます。

シーカヤックの詳細←こちらをクリック

シーカヤックツアーのご予約
対馬エコツアー 
対馬カヤックス

SUP

シーカヤックツアーのご予約
abyss(アビス)

【食・特産品】

対馬は山地が多く、陸上交通が不便であったため、島への伝来物が何百年もそのまま保存されていることがあり、その代表が「対州そば」です。そばは縄文後期に日本に移入されたと考えられ、全国的に品種改良が進みましたが、対馬では縄文後期の原種そば(対州そば)を今でも味わうことができます。また、昔ながらの養蜂法が今も行われており、濃厚で香り高いニホンミツバチ(和峰)のハチミツを楽しむことができます。

山が深く、四方を海に囲まれている対馬は、自然が生み出す本物の食材に出逢うことができる島でもあるのです。