長崎県民限定 壱岐発着 対馬再発見の旅 対馬観光王道コース(2泊3日)

対馬の主要な観光地を巡る王道コースです。対馬から韓国までは最短距離で49.5キロ。対馬北部では、特にその近さを実感することができます。 対馬中部ではリアス式海岸の内海である浅茅湾の景観を楽しむことができ、南部とは異なる自然や景観を楽しむことができます。縦長な対馬は南北縦断の所要時間が2時間以上と、時間に余裕が持てる2泊3日以上のご旅行におすすめです。

コース

〇1日目〇

観光情報館ふれあい処つしま

移動時間
15min
  • 15:00 到着
  • 厳原港からふれあい処つしままで徒歩で15分
詳細はこちら

【体験】対馬旅行のトリセツ30分

所要時間
30min
  • 15:00到着   

観光情報館ふれあい処つしま内の「観光の間」にて国境の島として深い歴史を刻んだこの島の物語や自然のみどころを30分でプロのガイドがご案内します。

移動時間
10min
  • 15:30 出発
  • 観光情報館ふれあい処つしまから万松院まで徒歩で10分

厳原城下町散策(万松院など)

滞在時間
90min
  • 15:40 到着

対馬藩2代藩主・宗 義成(よしなり)が、父・義智の冥福を祈って1615年に建立し、菩提寺として特別の崇敬を受けてきました。桃山様式の山門は、対馬最古の木造建築物と言われています。徳川将軍家の大位牌、朝鮮国王から贈られた三具足(みつぐそく)などが保管・展示されています。

詳細はこちら

厳原周辺の宿で宿泊

島内の宿泊施設などでは「行っ得!クーポン」「対馬藩札」が利用可能です!

〇2日目〇

移動時間
30min
  • 09:00 出発
  • 宿泊施設(厳原)から万関橋まで車で30分

万関橋

滞在時間
15min
  • 09:30 到着

明治後期、南下政策をとるロシアとの戦争の機運が高まり、日本海軍は水雷艇を対馬海峡東水道に出撃させるため、明治34年(1901年)、久須保水道(万関瀬戸)を開削しました。
3代目となる現在の赤い鉄橋からは、対馬海峡東水道と浅茅湾の間を流れる雄大な潮流を見学できます。

詳細はこちら

移動時間
30min
  • 09:45 出発
  • 万関橋から和多都美神社まで車で30分

和多都美神社

滞在時間
30min
  • 10:45 到着

古事記に登場する海神の娘・豊玉姫(とよたまひめ)を祭る海宮で、古くから竜宮伝説が残されています。拝殿正面の5つの鳥居のうち2つは海中にそびえ、潮の干満によりその様相を変え、遠く神話の時代を偲ばせる神秘的な雰囲気を漂わせます。裏参道を少し歩くと古代の祭祀跡・磐座(いわくら)があり、隠れたパワースポットとなっています。

詳細はこちら

移動時間
10min
  • 10:45 出発
  • 和多都美神社から烏帽子岳展望所まで車で10分

烏帽子岳展望所

滞在時間
30min
  • 11:00 到着

標高176mの烏帽子岳山頂近くまで道路が整備されており、145段の階段(手すりつき)を登ると、リアス式海岸・浅茅湾の雄大な景観を360度見渡すことができます。複雑に入り組んだ海岸線と無数の島々、気象条件がよければ韓国の陸影を望むこともできる人気の観光スポットです。

詳細はこちら

あなご亭」や「海小屋吉栄」などで昼食

島内の飲食店などでは「行っ得!クーポン」「対馬藩札地域限定クーポン」が利用可能です!

移動時間
70min
  • 12:30 出発
  • 豊玉町周辺の飲食店から対馬野生生物保護センターまで車で70分

対馬野生生物保護センター

滞在時間
40min
  • 13:40 到着

ツシマヤマネコ等の絶滅のおそれのある野生生物の調査・保護活動や、野生生物保護への理解や関心を深めるための普及啓発活動の拠点施設として1997年にオープンした環境省の施設です。地元では「ヤマネコセンター」の愛称で親しまれています。

詳細はこちら

移動時間
40min
  • 14:20 出発
  • 対馬野生生物保護センターから三宇田浜海水浴場まで車で40分

滞在時間
20min
  • 15:00 到着

対馬北部東岸に位置する三宇田浜は、きめの細かい貝殻成分から成る天然の白浜。太陽光を浴びるとエメラルドグリーンの輝く海となり、見るものを感動させます。「ペンション三宇田」や温泉施設「渚の湯」、キャンプ場などもあり、海水浴やアウトドアを楽しむにはもってこいの立地です。

詳細はこちら

移動時間
20min
  • 15:20 出発
  • 三宇田浜海水浴場から韓国展望所まで車で20分

滞在時間
20min
  • 15:40 到着

韓国まで49.5㎞の至近距離にある上対馬町は、天気のよい日には韓国釜山市の町並みが望める、まさに「国境の町」です。展望所から見る釜山の夜景も大変美しく、トイレ・駐車場等も整備されているため、観光スポットとして人気を博しています。

詳細はこちら

上対馬周辺の宿で宿泊

島内の宿泊施設などでは行っ得!クーポン」「対馬藩札が利用可能です!

〇3日目〇

移動時間
70min
  • 09:00 出発
  • 宿泊施設(上対馬)から海神神社まで車で30分

海神神社

滞在時間
30min
  • 10:10 到着

海神神社は、古くは神功皇后の旗八流を納めた地として八幡本宮と号し、対馬本宮と号し、対国一ノ宮と称されました。

詳細はこちら

移動時間
40min
  • 10:40 出発
  • 海神神社から赤島大橋まで車で40分

赤島大橋

滞在時間
20min
  • 11:20 到着

対馬中部の東側に位置する沖ノ島と赤島の海峡に架かる赤い橋が目を引きます。
全国屈指の美しいエメラルドグリーンの海、そして、複雑なリアス式海岸が織りなす緑の島なみからなる、対馬らしい絶景をお楽しみください。

詳細はこちら

肴やえん」や「体験であい塾 匠」などで昼食

島内の飲食店などでは行っ得!クーポン」「対馬藩札地域限定クーポンが利用可能です!

移動時間
20min
  • 13:00 出発
  • 美津島厳原周辺の飲食店から小茂田浜神社まで車で20分

小茂田浜神社

滞在時間
20min
  • 13:20 到着

文永11年(1274)10月5日、900艘の艦船に分乗した3万人の元・高麗連合軍が佐須浦に襲来しました。
守護代宗資国以下主従80騎で防戦に努めましたが、遂に全員が討ち死にしました。
小茂田浜神社には、資国以下、戦死した将士の霊を祀っています。

詳細はこちら

移動時間
20min
  • 13:40 出発
  • 小茂田浜神社から観光情報館ふれあい処つしままで車で20分

観光情報館ふれあい処つしま

滞在時間
20min
  • 14:00 到着
詳細はこちら

ふれあい処つしまや周辺のお土産品店では対馬藩札地域限定クーポンが利用可能です!

移動時間
10min
  • 14:20 出発
  • 観光情報館ふれあい処つしまから厳原港まで車で10分

厳原港国内ターミナル

滞在時間
60min
  • 14:30 到着

15:25厳原港発のフェリーで郷ノ浦港へ