対馬市営渡海船「うみさちひこ」

対馬の道路が整備される前から、島民の海上の足として親しまれたのが浅茅湾の渡海船です。
対馬市美津島町瀬原(みつしままち せばる)の長板浦(ながいたうら)と豊玉町仁位(とよたままちにい)を結んでいます。